2018バーゼル・フォルティス・ジン本社訪問帰国報告ー15(ジン新本社工場見学2)


★新本社の工場は精密機械(時計)製作・検査から商品出荷、ユーザーのためのカスタマーサービススペース、社員の憩いの場まで揃った総合施設でした。
●組立している職人は真剣そのもの。合間に挨拶したらニコリと職人さんの笑顔の歓迎を受けました。●帯磁テスト装置。私のEZM13を通してみたら何でもなかった、後でよく見たら電源が入っていなかった(笑)
●耐圧試験装置。ジンにはU2シリーズの2000M防水とUXシリーズの5000M防水がある。これらを図る装置16,000Mまで測れる。
●(上)紫外線照射装置ならびに(下)-44から+80℃の環境試験装置で個別検査をする。
●SINNの係る人々の写真、(左下)若かれしシュミット氏。


●オクトーバーフェスト(ドイツビール祭り)の様子。

●部品のストック棚。
●刻印装置を体験してみました。自分の時計もやってみたかったがさておいて、さほど難しくなかった?!
●その刻印された部品の数々。
●歩度を図る機器。
●将来は多くの見学者が組立作業を窓越しで見られるようにしてある。
●部品拡大装置で設計通りに出来上がっているか確認する。

●建物中央には吹き抜けのアトリウム、ここでこれから数々のイベントが行われる。●発送ルーム、丁度新しいカタログの発送が行われていた。
●作業員の休憩ルーム、板張りの床に白の壁天井がアットホームな環境を醸し出していた。

●社長室前にはホッタから贈られた「仁」の書が飾られていた。

●セールスマネージャーのダンドルさんの執務室。

●屋上にもオープンスペースがあり気持よく背伸びすることができる。

●敷地内には75台分の駐車スペースも完備。

● 最後にダンドルさんから訪問のお土産としてドイツ・スイス・オーストリアで限定75個しか販売しないモデル756・モデル757を持ち帰りました。店頭のみで販売なのでご来店の上お確かめください。(5月初旬発売予定)

・・・・続く・・・・