2017バーゼルワールド・ジンツアーアルバム(2017/3/25~3/31)


今回で5回目となるバーゼルワールド視察(買付)と5年前に訪れたこともあるジン社ですが、再び今回は新社屋見学もかねてのツアーでした。今年のバーゼルは全体的に緊縮ムードで会場もやや縮小気味で、新製品もマイナーチェンジ又は復古調モデルが多く、男子物は直径が小さく・女性物は大きくなり、双方が近づきユニセックスタイプの商品が発表されていました。
その中でも衝撃的であったのはノモス・アクアシリーズ・シグナルブルー&レッド、シンプルなデザインだからこそショッキングな青と赤が似合うニューモデルでした。また、ジンはその名の通り特殊な時計EZM12の発表です、ドクターヘリに搭乗しての救急現場での治療活動に欠かせない機能と造りが、ジンらしい技術の結晶作品と脚光を浴びていました。フォルティスの新製品は若きCEOの精力的な作品が目白押しで発表され多くのユーザーから愛される商品ばかりで、ひと際目立ったのはアートシリーズ科学実験室からインスピーレーションしたロルフ・ザック2.7MLでした。その他、多くのニューモデルがいち早く入荷しますので、皆様楽しみにしてください。(堀内繁)

1日目

今回もドイツのルフトハンザ航空にて、ドイツブランドのマイスタージンガーを腕に12時間飛行してまずはドイツ・ミュンヘンへその後スイス・チューリッヒ空港へ飛びました。

2日目

宿泊はスイス・オルテンにて今回で3回目のオルテンホテルからバーゼル会場へ買付は2日間のみ、回るブランドは12か所です。

3日目

午前中平日でもあるせいか人影はいつもより少ない、しかし午後より活気あるバイヤー達でごった返した。

4日目

オルテンから電車でバーゼルへそれからジンのバスでフランクフルトへドライブです。

5日目

ジン本社内でジンテクノロジーの見学と新社屋見学へ出発です。

6日目

帰る日、ゆっくりとフランクフルト市内を散策、お買い物、異国でのうどんは美味しかった。フランクフルト発ルフトハンザ空港で帰国。
出国からご一緒したセコンドの荒木社長、道又時計店の道又専務・田沼部長お疲さまでした。またジンツアーでご一緒の皆様、ホッタ社長をはじめスタッフの皆様、ジンの皆様に感謝!