ジン基本三大テクノロジー搭載のパイロットウォッチ856シリーズに新たに登場!『ジン・856.FLIEGER』


ジン(Sinn)U2.J-SBF

ジン基本三大テクノロジー搭載の『856.FLIEGER』

ジンの856シリーズは、軟鉄製の素材を使用し驚異の80,000A/mという高い防磁性能を備えた「マグネチック・フィールド・プロテクション」や、放電腐食防止のプロテクトガス充填とドライカプセル搭載で時計内部を除湿する「Arドライテクノロジー」、1200ビッカースという高い硬度を実現した「テギメント加工」という、ジンの基本三大テクノロジーを搭載したパイロットウォッチです。レギュラーモデルのダイヤルデザインは、コックピット内のパイロットにとって最も重要な極限状態でのダイヤルの視認性を確保するため、3・6・9・12のインデックスのみをアラビア数字にしたコックピットクロックのデザインを映しています。

新作「856.FLIEGER」は、この3・6・9・12のみだったアラビア数字を、12時位置のマーカーを除いたすべてをアラビア数字にして、その名の通りドイツのクラシックなパイロットウォッチのスタイルを採っています。テギメント加工により硬化させたステンレススチール製のケースはヘアライン仕上げを採用し、ベルトはインテグレーションカウレザーです。時・分・秒針とインデックスには夜光処理を施しているので、暗所での視認性も確保されています。ダイヤルの6時位置には、このモデルが搭載する3つのテクノロジー、マグネチック・フィールド・プロテクションとArドライテクノロジー、テギメント・テクノロジーのマークが印されています。

レギュラーコレクションの中では、ジン・テクノロジーを搭載し、回転ベゼルのないシンプルなケースに、アラビアインデックスのモデルは、このモデルのみです。日本限定50本で、856シリーズに新たな顔が誕生しました。

店主の感想:ジン856シリーズは種類が豊富(他に6種類)でケースヘアライン仕上日本限定モデルの文字盤カラーがブルー(856.BLUE)ブラック(856.B.STN)、従来からあるマット仕上げケースの(856.B)(856.B.S)そして、GMT付き(856.S)(856)があり、今回のFLIEGERはインデックスがアラビックになっており、視認性が抜群に良くなっている。6時位置のジン基本三大テクノロジーマークが使用者に「時計内部の湿気を吸収する・帯磁しない・傷が付かない」という安心感を与えてくれる。容は普通であるが中身は凄い856シリーズは特に技術的拘りを求める方にピッタリの時計です。

■ムーブメント:自動巻、SW300-1、25石、28,800振動、駆動時間:42時間、秒針ストップ機能 耐衝撃性 DIN(ドイツ工業規格)8308、耐磁性 DIN8309

■機能:時・分・秒表示 時・分・秒針とインデックスは夜光処理

■ケース・ベルト:ステンレススチールケース(サテン仕上げ、テギメント加工により硬度1200ビッカース)インテグレーションカウレザーストラップ、両面無反射サファイアガラス、ねじ込み式ケースバック、ねじ込み式リューズ、防水性 DIN8310、20気圧防水、負圧耐性

■搭載しているジン・テクノロジー:Arドライテクノロジー搭載(放電腐食防止のプロテクトガス充填、ドライカプセル搭載)、マグネチック・フィールド・プロテクションにより80,000A/mまで磁気防護、テギメント・テクノロジー

■ケースサイズ:直径40mm×厚さ11mm

■保証期間: 3年

■価格: 330,000円+税

■日本限定50本

■発売時期: 2018年11月発売予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の856シリーズ

(856.BLUE)

(856.B.STN)

(856.B)

 

(856.B.S)

(856.S)

(856)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジンの基本三大テクノロジー

時計を湿気から守る除湿機構  —  Arドライテクノロジー

機械式時計のムーブメントのパーツは、それぞれが円滑な運動を行えるよう潤滑オイルが使用されています。時計内部の空気に含まれている湿気や時計内分に拡散した水蒸気によりこの潤滑オイルが劣化すると、機械式時計の精度に悪影響を及ぼします。ジンのArドライテクノロジーは、ドライカプセルの搭載、EDRパッキンの使用、プロテクトガスの充墳という3つの技術的要素により、ムーブメントはほぼ無水の環境となりこの問題を解決。オイルの劣化プロセスと突然の気温低下によるサファイアクリスタル風防の曇りが防止され、信頼性の高い機能と精度が保証されます。

80,000A/mの高い耐磁性能  —  マグネチック・フィールド・プロテクション

磁気が時計の精度に悪影響をあたえることに気づいたのは1960年代です。当時の防磁性能の時計は軟鋼性のインナーケースを使用しムーブメントを磁力線から保護しましたが、時計ケースが必要以上に分厚くなるいった難点がありました。そこでジン社は軟鉄を使用したマグネチック・フィールドにより磁力線を遮断し、80,000A/mという驚異の防磁性能を実現したのです。軟鉄製のリングでムーブメントを囲み、さらに文字盤と裏蓋にも軟鉄製の素材を使用し、磁気を遮断しています。

セラミック同等以上の硬度を誇る耐傷性  —  テギメント

テギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。素材の表面をセラミックと同じ1200ビッカーズ、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。この加工はマットやポリッシュ等ケースの仕上げの種類を問わず可能です。ジンでは、この技術はPVDコーティングの基盤ともなっており、テギメントとPVDを併せて使用することで、ケース本体からコーティングが剥がれるといったエッグシェル現象を起こす心配がありません。