『フォルティス・ストライナー ステルスp.m.』(2017バーゼルニューモデル)新型ストライナーはシンプルで明快な視認性を誇る。


『フォルティス・ストライナー ステルスp.m.』

新型ストライナーはシンプルで明快な視認性を誇る

2017年の新型ストラトライナーでは、すべてのパーツが過去のモデルからアップグレードされています。アラビア数字のかわりに3、6、9、12時に正方形、それ以外には長方形のインデックスが施され、シンプルで明快なダイヤルは飛行任務に最適な視認性を誇ります。ケースは42mmのステンレス製でポリッシュとヘアラインのコンビ仕上げです。タキメータ付ベゼルはスチールとセラミックの2種類、段差のないクロノグラフカウンターのあるダイヤルはホワイトとブラックの2色、計4つのラインナップとなります。両面無反射コーティングのサファイアガラスを備え、ガラス裏蓋からはムーブメントの心臓部が見えます。リューズはプッシュ式であるのに対し、クロノグラフのプッシャーはねじ込み式です。ベージュのインデックスと時分針に赤のクロノグラフ秒針が映えます。

【ストラトライナー ステルス p.m./Ref.401.2631LP】

【ストラトライナー ステルス a.m./Ref.401.26.32LP】

■ムーブメント:Valjoux7750、自動巻、25石、28,800振動、駆動時間48時間

■機能:  時・分・秒(スモールセコンド)表示、デイデイト表示

クロノグラフ(30分積算計、12時間計)、タキメーター、アプライドインデックス、 ベージュの針とインデックスにはスーパールミノバ(暗所でグリーンに発光)

■ケース・ベルト: ステンレススチール(ポリッシュとサテンのコンビ仕上げ)、シースルーバック、セラミック製ベゼル、レザーストラップまたはSSブレスレット、両面無反射サファイアクリスタル

■ケースサイズ:  直径42mm×厚さ15mm

■防水性: 10気圧

■予定価格: レザー:280,000円+税/ブレスレット:310,000円+税

この商品の販売・入荷状況に関するお問い合わせはこちらから

2017バーゼルワールドのフォルティスブースにて(2017/3/27撮影)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストラトライナー(Stratoliner)

地球をとりまく成層圏は、海面から15~50kmの高さに存在する大気層です。そのすぐ下の対流圏(0~15km)と成層圏の境目を対流圏界面といいますが、ここではオゾンが紫外線を吸収し電磁波が熱変換されるため、温度が-60℃から0℃まで上昇します。1960年代に活躍したアメリカ・ロッキード社製「ロッキードU-2」に代表されるような偵察機は2万メートル上空を飛行するため、確かな操縦技術がパイロットに求められました。「ロッキードU-2」の “U”はユーティリティ(Utility)に由来し、汎用機を表す任務記号でした。偵察機であることを当時のソビエトに悟られないよう、表向きは汎用機の様相を呈していたからです。このような偵察機はレーダーから忽然と消えるため、フォルティスは「ストラトライナー」をスペースウォッチと位置づけました。

偵察飛行ではフォルティスの時計が使われており、ストラトライナーというモデル名で市場に出回ったのは1962年のことでした。その後、1992年10月には、宇宙開発史上初めての試みである“West in Space”と名付けられた計画で、アーティストのアンドラがデザインしたフォルティスのストラトライナー クロノグラフの限定モデルが、他のアート作品とともに気象衛星に搭載され宇宙へ飛び立ちました。これはロシアの宇宙計画に参画したドイツのタバコブランド「ウエスト(West)」のロゴマークと、ドイツ人ポップアーティスト、アンドラ(アンドラ・ホーグ)のイラストが描かれたプロトンロケットに、アーティスト達の作品やメッセージを入れた “message in a bottle”と名付けられたカプセルをスペース・ミュージアムとして乗せた気象衛星を搭載し、地球の日常生活を未知の者に伝えるという夢のある計画でした。フォルティスのストラトライナーは、こうして空に宇宙に貢献し、2008年には「B-42」シリーズのモデルとして「B-42ストラトライナー」が誕生しています。