ユンハンスのセミナーに参加して来ました〜^_^


皆さんこんにちは〜

東京も少しずつ秋らしくなって来ましたね。さて、今回のミヤブロは9/13日にフクラシア八重洲で、ユンハンスの電波時計のセミナーに参加して来ましたのでその報告をしたいと思います!

ユンハンスの公式サイトも載せときます!ユンハンス

受付はこんな感じで、こちらの方は通訳のお姉さんだったかな?

中には今回の新作が並べられていて、どーみても機械式時計にしか見えないオシャレなユンハンスでしたね。
電波時計のシリーズはユンハンス メガという名前でユンハンスの新しいコミュニケーションコンセプトである「手」がモチーフとしてデザインがされていました。(例えば手を使ったコミュニケーションとして握手とか手を振ったりとストッツ氏は仰っていました。)


因みにデザインを損なわない為にソーラー式ではなく電池式を採用したそうです。電池寿命は通常通り2年程度だそうです。


ストッツ氏曰く、日本は電波の受信が2局あるため電波の受信が安定しているとも言ってました。扱い方も筆者もはじめ苦戦しましたが、慣れてしまえば楽勝ですし、どの道勝手に電波は受信してくれるので心配も必要ないですもんね。

それに筆者が特に感心したのが電波の受信が出来ない場所で使う場合、例えばインドや、アフリカなどの場合ですね。スマートフォンにアプリをダウンロードして、それが電波の代わりに働いてくれるという優れものですね!ぜひやってみたいですが、まぁ日本では電波があるのでアプリの使い道がないのでためしようがないですね。、、、

メガシリーズの時計の裏蓋には大体この電波の局が描かれている地図が載っています。

操作についてはこの4時の下にあるボタンがあるのが見えるでしょうか?このボタンを付属のスティックで押すことによって電波の強制受信、前日の受信の有無、リセットなどができます。

5時にJJY60 4時にJJY40と描かれた文字盤が見えると思いますが、一部のメガシリーズにはこの記載があります。電波の受信状況を確認する上で役に立ちます。

このデザインは本当に電波時計なのか?と疑うくらい普通のマックスビルにしか見えませんよな?

このシリーズの時計が合う方を考えると、機械式時計時間狂うしめんどくさい、でもデザインはいわゆる電波時計のソーラーの文字盤は抵抗がある方なんかにはピッタリだと思いました!

当店としてもメガシリーズを扱っていく予定なので気になるモデルがあれば是非お問い合わせ下さい。

セミナーの風景です。

プレゼンされている方は
マティアス.ストッツ代表取締役です。2009年から代表をやられているそうで、両腕にユンハンスの時計を着けていたりと、大変ユンハンス熱を感じました!
とても気さくな方でした^_^

ユンハンスはここ最近はクォーツタイプがよく売れているそうですがこのメガシリーズも激アツですね!

それでは今回はこの辺で、メガシリーズに問わず機械式、クォーツ共に力を入れてますので是非店頭にお越しください。