バウハウスな奴ら


皆さんこんにちは。

バウハウスデザインという言葉は何となく耳にしたことがありますよね?

バウハウスデザインとはドイツのワイマール(ドイツの中央部くらいにあります。)にあった、建築、デザインとかの学校(1919〜1933)から生まれた言葉だそうです。結局ワイマールからは移転してしてしまってニューバウハウス としてアメリカにまで行ってしまったのですが(1933年以降の話ですね)、、短い期間ながら今でも多くの影響を与えてるようですね。筆者なんかは犬が大好きなのでワイマールといえば灰色の妖精ことワイマラナーのことが浮かんでしまいました。ワイマラナー発祥の地方なんですが、飼うためには、世話の時間やお金が凄くかかりそうですね、、まぁどんな犬でもそれは一緒ですね。

可愛いですねー。
いつか飼ってみたいですね!

バウハウスデザインと聞けば本来なら機能美とかシンプル、合理的、のようなイメージの単語が出てきそうですが、そういった中では筆者が好きな言葉として、Less is more.がカッコよくて好きです。
Less is more(少ないことはより豊かなことだという意味らしいですね。)とはミースファンデルローエさん(バウハウスの第3代の学校の校長、ドイツの建築家)が使うことで有名になったのですが、この言葉を聞くと筆者はミニマリストを連想してしまいます。
最近はよく耳にする言葉ですよね?部屋にノートPCとダンボール1つだけみたいな!憧れは凄くありますよね?あの荷物の少なさで引っ越し楽だろーなー?と思っちゃたりして、まぁくだらない物で部屋が溢れている筆者には一生無理そうですが、、、
イメージが湧かない方は、こちらをどうぞ。私も参考にこの若い方のブログを筆者はチェックしました。サイト載せときます
ミニマリストしのぶさん

話を本題に戻しまして、要はバウハウスって時計も建築も、余分な物をドンドン削ぎ落として本当に使う物だけが残った!かつオシャレだったー!って私は解釈しました。

ちょうど当店はドイツの商品が多数在庫がございますので、筆者の好きなバウハウス のデザイン風の時計や、ただ単に好き!って物も紹介したいと思います!

まずは王様!ノモス!これぞバウハウスと言っても過言ではないですね。

ノモス一覧はこちらから

次はモンディーン(MONDAINE)
おなじみのスイスの鉄道で使われている時計です。駅のホームにこんなオシャレな時計があるなんて羨ましいですね。

モンディーン一覧はこちらから

公式サイトも載せときます

3発目はドゥッファ
こちらは値段がお求め安くなっているモデルで、クォーツのラインナップも多くございます。

ドゥッファ一覧はこちらから

ここで一休みで中トロ
バウハウスとまではいきませんが先日インスタに載せたシンプルなアクセサリーです。

四発目はユンハンス
こちらはバーゼル2018年の新作です。自己主張し過ぎず使いやすい定番のモデルですね。

ユンハンス一覧はこちらから 

これから下は当店では取り扱いがないのですが次はスカーゲン!
これはデンマークのブランドなのですが、シンプルでオシャレなので載せておきました。

最近は若者に人気のダニエルウエリントン
こっちは言わずもがなですね。もはや若い方なんかはこっちの方が王道なのかもしれないですね。スウェーデンのブランドで、最近は北欧のほうがシンプルなものが多い気がしますね。


オンラインショップ(サイトに飛べます)

ザッと気になってたブランドだけ紹介してしまいました。バウハウス物は当然価格は高いものからお求め安いものまで多種多様です。写真を載せた商品の中で当店に取り扱いあるブランドは気軽にお問い合わせください。